食器のヘッダー画像です

和の食器のそれぞれの意味

食器には、様々な図柄が沢山存在します。食器同士の組み合わせを念頭においてコーディネートを楽しむのも乙な物ですよね。食器の中でも和のものには特有の存在感があり、西洋食器とは一味も二味も違う魅力が存在しますよね。どんな料理を載せようか迷ってしまいますが、案外日常で使用するもにもマッチします。和の食器で特徴的な吉祥柄を数点ご紹介します。富士山といえば国内で最も著名な霊山であり、和の雰囲気を持ち縁起物としても持て囃されています。富士山は初夢で登場すると一年良いことが続くともいわれています。そして松竹梅も、著名な吉祥柄ですよね。松は一年を通して緑をつけることから不老長寿、そして竹は成長速度が非常に顕著で、真っ直ぐに成長することから繁栄、梅はまだ冷える初春に他の花々よりも先に咲くことから生命力の象徴とされています。千鳥には、水面を這うように羽ばたく姿から難を避けられるという意味を持っているそうです。多くの意味が存在する吉祥柄は、食器のデザインとしても優先的に活用させていきたいものですね。

©2014年:大切な食器の心得