食器のヘッダー画像です

日本の食器の歴史

食器の歴史は古来より長い年月をかけ生産されてきました。紀元前より陶磁器は中国に存在したとされています。この記事では国内の食器の歴史について教えようと思います。国内で食器と呼べるものが製作されたのは、縄文時代に土器が制作されるようになってから。使用用途は物をしまっておく時や煮たり炊いたりする際に使われ、食べ物を盛り付ける為の食器ではありませんでした。現在も食器の礎と呼べるものが出来たのは、飛鳥時代のことです。朝鮮より海を越えロクロと窯の技術が日本へ伝承されたことで、破損しにくく水漏れしない堅牢な食器が制作される時代になりました。それから大陸より伝承された漆の器や、備前焼が平安時代より導入されるようになり、鎌倉時代以降はそれぞれの地域で土地を生かした焼き物の器が製作されるようになりました。現在も販売されている信楽焼き、そして瀬戸焼などがそれに中ります。それからも食器は国内でも発展を続けていき、はじめは実用性のみを重視し制作されていた食器が茶の湯の文化の幕開けもあり、徐々にエレメントとしての要素も導入された華やかあ食器が作られていきました。

©2014年:大切な食器の心得